AGAで悩まされる男性は少なくありません。まずはAGAとはそもそも何なのか?そこから理解していき間違った知識を付けないよう対策していきましょう。今の時代カツラなんてもう古いのです。自分の髪の毛を増やしてAGA対策しましょう。

AGA治療薬に含まれる成分は何?体への影響はある?

AGA治療において最も効果的とされるプロペシアは、厚生労働省から認可されたAGA治療薬で、専門のクリニックや一般病院での治療でも処方され、薄毛の進行を食い止める効果があります。有効成分はフィナステリドと呼ばれるもので、元々は前立腺肥大症の治療薬として利用されていたものですが、使用していた患者の毛が濃くなってくる副作用に注目され、AGAに効果があるとして転用された成分です。AGAでは原因物質とされるDHTの生成に必須とされる5α還元酵素があり、これをフィナステリドが阻害することで、DHTの生成を抑制し薄毛の進行を食い止めることができます。フィナステリドの副作用は少ないとされていますが、軽症であるものが少ないだけで、低確率で重症となる肝機能障害、性欲減退などの性機能、うつ症状などが発現します。また、発毛に効果が見られるとするミノキシジルは、成分名はそのままで、育毛剤などに配合されています。こちらもAGAが目的で開発された成分ではなく、元は高血圧症の治療薬となっていましたが、全身の毛が生えたり濃くなるといった副作用から、発毛に有効的であるとされ転用されています。フィナステリドとは異なる作用機序で、毛母細胞を活性化させることで、薄くなった毛髪を濃くし、抜けたまま生まれてこない髪の毛を刺激して発毛に繋げる効果があります。ミノキシジルの作用については未だ不明な部分が多いため、今後も研究が必要な成分とされています。副作用については、全身のかゆみ、頭痛、目眩、動悸や息切れ、手足のしびれといったものが多く、性欲減退など性機能にも影響が出ると報告されています。飲み薬では全身に作用しますが、頭皮に塗るタイプの育毛剤は、局所にしか効果が出ないことから、頭皮の荒れやかゆみ程度で、比較的に安全な使用ができます。

■AGAでお悩みの方にまずは試してもらいたい薬はこちら
リアップ
■AGA治療薬プロペシアのジェネリック医薬品はこの薬
フィンペシアの効果