AGAで悩まされる男性は少なくありません。まずはAGAとはそもそも何なのか?そこから理解していき間違った知識を付けないよう対策していきましょう。今の時代カツラなんてもう古いのです。自分の髪の毛を増やしてAGA対策しましょう。

AGA治療は早いほうがいいのか

病気は早期発見、早期治療が一番です。
これは、AGA(男性型脱毛症)にも言えることです。
AGAの原因はなんらかの影響でDHT(ジヒドロテストステロン)が増えてしまうことですから、これをなるべく早く食い止めた方が、回復の効果が期待できます。
DHTの影響を受けたとしても、毛母細胞の細胞分裂が止まって休止期に入っているだけの状態であれば、然るべき処置をすれば、ヘアサイクルが正常に戻って髪が成長してくる可能性はあります。
AGAの治療では、男性ホルモンのテストステロンをDHTに変えてしまうII型5α-リダクターゼという酵素の働きを抑える内服薬が使われています。今までは脱毛を食い止める塗り薬しかありませんでしたが、飲むだけでAGAの原因を解消できるという画期的な治療薬です。
しかし、この治療薬が万人に効くわけではありません。人によっては、飲んでも期待したような効果が得られない場合もあります。
この場合には、最後の手段として植毛があります。
今は人工毛を使う植毛ではなく、自毛を使う方法が主流です。自毛植毛はDHTの影響を受けにくい後頭部や側頭部の皮膚を切り取って、毛包ごと薄毛が進んでいる部位に移植する方法です。
このドナー採取では自分の後頭部や側頭部の毛を利用するので、良質な毛が残っていた方が効果が期待できます。
どんな病気にしても、進行してから治療した方が良いということはありません。
AGAの場合、単に生活習慣の乱れが問題になっている可能性もあります。例えば、血流が悪くなるような食生活を続けていれば、髪の毛に栄養が行かなくなります。
毛母細胞も血液から栄養を受け取っているので、血流が悪ければ抜け毛の原因になるからです。