AGAで悩まされる男性は少なくありません。まずはAGAとはそもそも何なのか?そこから理解していき間違った知識を付けないよう対策していきましょう。今の時代カツラなんてもう古いのです。自分の髪の毛を増やしてAGA対策しましょう。

大正製薬はAGA治療薬の研究を続けています

大正製薬が発売しているリアップは、日本で唯一、外用ミノキシジル医薬品認可を取得した育毛剤です。
AGAは、男性型脱毛症とも呼ばれ、成人男性に多くみられる脱毛症です。一般的にAGAは中年男性にみられる症状ですが、近年では10代、20代の若者にも増えてきている脱毛症です。

薄毛は、ヘアサイクルが乱れることで起こりますが、このサイクルを乱す物質がDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの一種で、本来は男子の胎児期に外性器を生成する重要な働きをもつホルモンです。
ただこのDHTは、思春期を過ぎると前立腺肥大やニキビなどの症状を引き起こしたり、AGAを発症させる男性ホルモンへと変化してしまいます。
DHTは、テストステロンが酵素の働きによって変化したもので、髪の毛の正常なヘアサイクルを乱してしまい薄毛や抜け毛を引き起こします。

AGAの治療には大きく分けて2種類あります。
1つは、植毛などの施術を伴う方法で、植毛以外にも治療薬や栄養分を頭皮に直接注入して、発毛を促す方法なども最近注目を浴びている手法があります。
2つ目は、発毛や育毛を促す治療薬を服用、または外用薬を頭皮に塗布する方法です。
なかでも外用薬としてもっとも知名度があるのが、大正製薬が発売しているリアップです。
もともと高血圧患者向けの血管拡張薬として研究開発されていた医薬品ですが、血行の促進効果だけでなく毛母細胞を活性化する効果があるとして、AGA治療薬として研究されたものです。ミノキシジルは、患部に塗布することで血管を拡張して血行を促進する働きがあるため、AGAによって頭皮の血行不良を改善し、血管内皮増殖因子に働きかけて血管を新生する効果もあるため、発毛効果を実感できます。
大正製薬では、女性用の薄毛用の外用薬も研究されているので、薄毛や抜け毛でお困りの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。